感謝!戸隠マウンテントレイル2018

Photo:Sho Fujimaki

 

コロンビアモントレイル戸隠マウンテントレイル(TMT)が6月2日(土)に開催されました。

 

私が副代表を務める北信濃トレイルフリークス(KTF)が初めて手掛けたレースイベントあり、私はこの大会のプロデューサーとしてレース運営をしました。

 

土曜日の午後スタートという、都内からでも当日の朝発で間に合うスケジュールを業界で初めて採用したのがTMTです。

 

更に20kmという絶妙な距離で、夕方には終わり後夜祭を行います。翌日はもちろん戸隠観光。旅としてのトレイルランニングを提案しています。

レース当日の昼前からはキッズ(小学生)レースも開催。5,6年生の先導スタッフ(安全に走れるよう配慮)は追い越されないように全力です。。。レベル高し。

招待選手は右から松永選手(Tho North Face)、上宮選手、上田選手(共にColumbia montorrail)、駒村選手(クロスカントリースキートリノオリンピック日本代表)、城岳選手(08’ハセツネ30優勝)、福島選手(Team618)、柿本選手(Columbia montorrail)、上野選手(A &F)、浦野選手、服部選手(インサイドアウトSC)。※所属先は独断で、悪しからず〜

13:00 START!戸隠連峰を背負って、まずは瑪瑙山(メノウ)へ!

   総合TOP3に贈られる盾は私の地元木島平のガラスアーティストの安藤さん(夢やガラス工房)が製作したオリジナル。戸隠連峰と大会カラーのグリーンをイメージしています。カッコいい。私も本気で欲しいので、いつかレースに出たい。。。 ↑女子優勝の福島舞選手。

歩いても走っても気持ちのいい小川の小径。私はここに出会った時、トレイルランナーで良かった!って思いましたね。

今回の男子TOP4。

右、4位駒村は元クロスカントリースキー選手、その隣の2位馬場直人(専修大スキー部)は現役のクロスカントリースキー選手です。瑠偉も、もう2シーズンはクロカンスキーでトレーニングをしているのでスキーヤーの仲間入り(勝手に)かな。そして6位浦野、8位服部(共にスキー部後輩)も。皆さん、クロカンスキーするしかないですよ。

大塚実行委員長はじめ、KTFの仲間たち。最高のチームです。今大会も皆さんのお陰で無事に開催する事ができました。

 

多くの方にトレイルランニングの楽しさを伝えたい。走ることを通じて人生が豊かになったらいいな。そんな思いで仲間たちとTMTをはじめました。

 

来年も、再来年も、そして何十年先も続いていくような、そんなレースにしていきたいです。

 

今年も、たくさんの皆様にご参加いただき本当にありがとうございました!また来年!戸隠で全力でお待ちしております!

 

感謝

 

山田琢也

関連記事
人気記事