順位を上げるのはカンタンだ。

先日、「順位を上げるのはカンタンだ(ただし50km以下のレース)」という夢のようで本当のイベントを行いまいました。講師にはTrazan編集者の内坂さん、ナビゲーターを私が務めました。

 

これ、本当なんです。(何度も言うとウソっぽい!?笑)今回のトレーニングキャンプでは心拍数と時間でトレーニング管理をするコツを中心に行いました。これがとても有効なんです。

 

例えば山田鬼コーチが今日のメニューを発表するとします。

 

コーチ「今日は10kmを4分00秒/kmで走ってください。」

Fさん「なんだ、楽勝だな」

Sさん「うわー、ギリギリ。。。全力疾走じゃん」

 

1キロ○○分のペースで、という指示の場合、FさんとSさんではその運動負荷や効果、もしくはトレーニングの目的にギャップが生まれます。速く走る、ゆっくり走る、それぞれに異なったトレーニング効果があるため、その日のターゲットとしているトレーニングができていない可能性があるのです。

 

では、こうならどうでしょう?

 

コーチ「今日は50分を最大心拍数の80%で走ってください。」

 

これだと、全ての選手がいかなるコンディション(体調、天気、コース)でもターゲットとしているトレーニング効果を確実に獲得することができます。またオーバーワークによる、故障も少なくなるというメリットもあります。

 

こういった心拍数を使ったトレーニングは欧米では当然で、日本でも競技によっては昔から行われてきました。私自身も高校生から今日までずっとです。

 

キャンプでは、その理論と具体的な方法を学び実践しました。

学生時代を思い出しますね。

GARMIN様のご厚意により機材のお貸し出しをしました。

行くぞー!おー!

Columbia montrail様のご厚意でバハダ madarao yellow の試し履きができました。

ブナの森を走りました。

ついついペースが上がっちゃうようなトレイル。

今回の遠方賞は札幌、、、と思いきや、なんとマレーシアからの参加者も!

目覚めのRUN。蕎麦畑と木島平田んぼ。切れてますが、右側にスーパーフィート水口さん宅(名所)。

エイドにはやまだ農園のりんご。

 

大人になってからの合宿って良いですね。みんなで上がっていくぞって雰囲気がたまりません。学生の時は大嫌いだったけど。。。

 

さてこの秋にも走りが、ココロが、頭の中が変わるトレーニングキャンプを予定しています!

 

 

 

お待ちしています!

 

感謝

関連記事
人気記事